さくらのVPSグレードアップするみたいだね。

TwitterのTLに流れてきたので書いてみる。

さくらインターネット、仮想専用サーバサービス「さくらのVPS」をリニューアル
〜仮想2コア、メモリ1GB、ディスク100GBが月額980円で利用可能に〜

今回のリニューアルでは、「月額千円台でメモリ2GBのプランが欲しい」というお客様のご要望にお応えし、仮想3コア、メモリ2GB、ディスク200GBの「2Gプラン」を追加し、月額1,480円でご提供します。また、プランを一新し、仮想2コア、メモリ1GB、ディスク100GBのプランが、初期費用無料・月額980円で利用できるようになります。*1

おお!やったね。2012年3月29日(木)より提供開始みたいなので、もうちょっと待つ事にしよう。
田中社長のTwitterによると、現行980のプランでも、メモリについては1Gにしてもらえるとか。
ディスクには、言及されてなかったけど。

ひとまず、期待してお待ちしております。

Redmineのairfish的使い方

本来の使い方は、バグトラッキング用のシステムらしいのですが、airfish的にはタスク管理用に使ってます。
会社で、案件管理用に半ば強引に導入して四ヶ月程度経ちますが、やり忘れる作業は格段に減ったと思います。
あと、そのチケットをどうやって処理したのか履歴を残すので、備忘録になるし。
何より、二回目以降同様の作業をする時に、見返せばよいだけなので楽チン。

…まぁ、乗り気じゃない人は多々居るけど、やってることを書かせることで、属人化させないような
オペレーションができる(はず)なので、担当者が急に休んでも(辞めても)無問題!

引継ぎもこれで楽チン(w



で、結局どうなったのか。

前回投稿分の記事通り、移行というか整理しました(ぱちぱち

といっても、シンプルにさっぱり最低限の機能をさくらのVPSにもどしただけですが。
今、ちょっと忙しいので、もう少し手があいてゆっくり弄れる時に触りたいなぁとは思っているのですが。

いれたもの

最低限ですね。
ちょっとメモリが足らない気がするので、さくらのVPS 1Gにしようかなぁと思っていたり。
まぁ、アクセスの多くないSrvですし、今のプランでも十分捌けるとは思っているのですが。

話は変わるけど、Redmineがないと最近やらなければならない事が抜け落ちてて困っちゃうので、時間を見つけて入れるかな。

VPSの契約を解約したよ!

さくらのVPSを再契約して、そちらへお引越しするつもりです。

事の発端は、

suica_de_icoca こもっち@ひびきちゃ。
さくらのVPSで動かしてるサービスを一時的にどっかへ移して、設定し直したいなぁ。イメージでバックアップとってどっかへイメージ戻してやればできると思うのだけど…。

  • 2011年8月18日

@sakura_server さくらインターネット開発の中の人(α)
@suica_de_icoca さくらのVPSをもう1台申し込んで、試用期間中(2週間)に整理整頓するってどうですか!?

  • 2011年8月18日

なんて、公式の中の方からMentions頂いたので、やろう!と思うも手付かずのまま現在に至っていたわけです。

さて、年末に契約満了だったので、更新せず解約処理をしたので、もう待ってはくれない訳で、後へ引けません(笑)
とあるたい焼き屋さんのWebページも預っている実運用サーバなので、
ちゃんと現状復帰しないと行けないのです。

ということで、下記のようなスケジュールを立てて見ました。

  1. さくらのVPS 512を1台借りて(A)、環境構築
  2. 現状契約しているさくらのVPS 512(B)からサービスをAへ移す。
  3. Bを初期化した上で、環境構築
  4. AからBへサービスを戻す
  5. Aの試用期間満了(2週間以内)
  6. さくらのVPS 512を借りる(12月中旬頃)
  7. Bから借りたさくらのVPS 512へ移行する

なんでこんなめんどくさいことをするかというと、

  • Linuxに慣れたい
  • 移行時に失敗したくない(というか失敗できない)

という事が理由だったり。
既存のサービスも一部お友達に構築してもらったので、状況が把握できていなかったり、よくわからないまま適当に触ってしまっていた点もあるので、その点を綺麗に整理してみたいということもあったり。

CentOSで構築しているのですが、Scientific Linuxも触ってみたいので、
とりあえずAの構築と、Bの再構築はCentOSで行なって、最後のお引越し先をScientific Linuxで構築したいと思っています。

さてはてうまくいくのでしょうか(笑)